×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ほくろ除去ナビ

ほくろ除去は、それにコンプレックスのある人が多く行う解決方法。
小さいものについては、レーザー治療が主流となっているようです。
大きいものについては外科的な手術によって除去。
時にほくろは悪性のメラソーマであることもあり注意が必要です。

ほくろ除去を考えるなら

ほくろ(ホクロ)にコンプレックスを持って、それを取り除くための、ほくろ除去を考えている人も、まずは、それについての基本的な知識を身に付けてから、皮膚科を訪れた方が、後々のことを考えると有意義かもしれません。皮膚科側の説明をスムーズに理解でれば、その分、除去に対する不安の軽減にも繋がるはずですから。

ほくろは、点のように小さいものから、1センチくらいまでのものをいい、それ以上のものは「黒アザ」に分類されるのが普通。また、ほくろは生まれつき存在しないことが、ほとんどなのに対し、「黒アザ」は生まれつき存在し、その点の「先天性」「後天性」の違いから、ほくろと黒アザを判断することもあるようです。ですから、ほくろを敢えて「後天性色素細胞母斑」と呼ぶことも。日本人の平均のほくろ数は10個と言われていて、欧米人に比べると少ないようです。

ほくろは母斑=アザ

ほくろは「黒アザ」の一番小さい形態のものといえるのですが、医学的には「色素性母斑」とか「母斑細胞母斑」と呼んだりします。聞き馴染みはないと思いますが、要するに、「母斑=アザ」と覚えておいて下さい。

ほくろは良性の皮膚病変ですから、基本的に治療の必要はありません。しかし、「数が多い」「大きくて目立つ」「大きくはないが、顔の目立つところにあり気になる」「小さい頃にイジメられたコンプレックス」などの理由でほくろ除去を考える人は意外に多いようです。

そもそも、ほくろは、メラニン色素を有する母斑細胞が何らかの原因によって増殖巣となり腫瘍化した良性の皮膚病変と定義できます。簡単に「皮膚のできもの」といって差し支えないでしょう。基本的に悪性化し重大な疾患に繋がることはありませんが、ほくろと思っていたものが、実は悪性の皮膚腫瘍である場合も稀にあり、「ほくろだから全て安心」という訳ではなく、必要最低限の注意は必要です。

 

ほくろ除去に関わり深い、そのタイプ

ほくろを“黒子”と書くように通常、「黒褐色」で「濃い色」をしていますが、「薄茶色」のものも珍しくありませんし、中には「肌色」をしたものもあります。大きさは、ほとんどが1センチ程度までです。

ほくろの形状は、盛り上がっているもの、平らなもの、デコボコとしたものなどがあり、感触も皮膚と変わらないツルツルのものや、ザラザラ感のあるものなど色々です。また、母斑細胞が皮膚の、どの深さで増殖するかによって、「浅い」「深い」といた違いもあり、ほくろ除去の場合に、その判断は重要になってきます。

ほくろ除去にも関わる「ほくろの深さ」は次の3つのタイプがあり、より正確な深さを探るのは手術を行なうクリニックの技術に掛っているといえるでしょう。

私達の皮膚は外側から表皮、真皮、脂肪層(皮下組織)の3層からなります。ほくろの形成に関わるのは、その内、一番外の表皮と中間にある真皮になります。表皮の下には神経や神経終末、皮脂や汗の分泌腺、毛包、血管があります。薄くて丈夫な特徴をもち、表皮の外側の部分である角質層は、水をはじき、細菌やウイルス、その他の異物が体内に侵入するのを防ぐ働きがあります。表皮の最下層の基底層には、ほくろの形成にも関わるメラニン色素を産生するメラニン形成細胞(メラノサイト)があります。

メラニン色素は日光からの紫外線を吸収し、細胞へのダメージを防ぐ働きをしています。ほくろは、紫外線を多く浴びることで、数を増やしたり、大きくなる傾向にあります。その数や大きさを気にしている人は、意識して長袖の衣服を身に付けたり、紫外線を軽減するクリームを日常的に使用するなどの紫外線対策が必要なのは言うまでもありません。

真皮は表皮の下にある厚い層で、皮膚に弾力性を与える、コラーゲンとフィブリンから出来ています。真皮内の神経終末は痛覚や触感、温度や肌触りを感じとります。ほくろは、これら表皮、真皮と、その境界層の、どこで母斑細胞が増殖するかで、ほくろのタイプが決まってきます。基本的に子供時代から境界型、複合型と、ほくろのタイプは推移して、最終的に大人になると真皮型が、ほとんどになるようです。

ほくろの遺伝と大きさの変化

ほくろの遺伝的な傾向として、やはり、両親にほくろが多い場合、その子供もほくろが多い傾向にあるようです。その裏づけとして、母親の口元にほくろがあり、その子供も母親と、まったく同じ場所に、ほくろが存在するケースが珍しくないのです。

ほくろは、主に小児期から思春期にかけて、その数を増やします。しかし、それ程、多くはありませんが、体質によっては、生涯、ほくろが増え続ける人もいるようです。

女性の場合、ほくろの生成とホルモン量の変化が関係しているため、特に妊娠期間中は、ほくろが出来やすく、もともと、あった、ほくろが黒さを増したり、大きくなるといった変化も起すようです。

ほくろは一度、出来てしまうと、それが、自然治癒的に消失することはありません。ほくろが出来やすく、困っている人は、出来る限り紫外線対策をして、メラニン色素の生成を抑えるようにしましょう。外出時には帽子を被ったり、肌の露出の少ない、長袖を着るように心がけるのも効果的ですし、日焼け止めクリームを使用するのもいいでしょう。

足裏のほくろ、メラソーマ

先述した通り、ほくろは良性の皮膚病変ですから、基本的に治療の必要はありません。しかし、一見、よくある、ほくろのように見えて、そこに、重大な病気が隠れていることもあります。メラニン細胞が癌化してしまう悪性腫瘍「悪性黒色腫」です。

最近はメラソーマという言葉で、頻繁にマスメディアなどでも取り上げられるようになりました。ほくろが、後天的に、これに変化することもあります。メラソーマは特に、近年、白人の方に増えていて、これは、オゾン層の破壊による紫外線の皮膚に与える影響が増加してきた為と考えられています。日本人の場合は、メラソーマは足裏のほくろ、のように現れることが多いようです。足裏は紫外線の影響は少ないですから、原因は足裏が何かの拍子に外傷を負った、そのようなことが原因ではないかと推測できます。

「ほくろが急に盛り上がったり、大きくなったりして、縁の形が不規則になってくる」「ほくろの周囲に点々と、ほくろが衛星化する」「ほくろの周囲に出血や、ただれが現れる」といった症状がある場合、悪性黒色腫の疑いもあります。顕微鏡やルーペによる診断、病理組織検査が必要な場合があります。

子供も頃から、ほくろの出来やすい人、10〜20個のほくろがある人、家族に悪性黒色腫の人がいる人、などは悪性黒色腫を発症するリスクが高いと想像されます。定期的なチェックが必要でしょう。悪性黒色腫が発見された場合、その周囲の皮膚を切除するといった手術を施します。


ほくろ除去をする理由

ほくろ除去を考える人の中には、ほくろに対するコンプレックスを強く感じている人も多いようです。

ほくろ除去に理由は様々ですが、その場所や数、大きさによって、本人には、とても気になって仕方ないのが「ほくろ」という存在といえます。顔の印象を大きく左右し、時に「コワい」印象や、「老けている」印象を与えてしまいます。しかし、ほくろを持つ女性については、昔から「ほくろ美人」という言葉があり、女性を魅力的に見せるものの、代名詞でもあります。ほくろが人に与える印象は千差万別といえるのかもしれません。

特に、ほくろ除去の対象となりやすい、目立つものとしては、4ミリを越える大きいもの、大きくはないが数が多いもの、また、目・鼻・眉・口付近のものなど、その人の表情に影響し、また見た目の印象を大きく左右するものが、ほくろ除去の対象になりやすいようです。

ほくろの数が多い場合は、何も全て、ほくろ除去することはありません。その人の顔の印象を大きくマイナスにしてしまっていると思われるものを1つ、2つ除去するだけでいいでしょう。自分のほくろに強いコンプレックスを持つ人ほど、この事実はなかなか受け入れ難いようで、「とにかく、全て除去したい」と、ある種、脅迫観念に捕らわれたように「完全なほくろ除去」に拘ってしまうようなのですが、「目立つものだけ」を除去対象にする事は、その患者さんの経済的な負担や身体的な負担を考えた場合にも大きなメリットとなるのです。目立つものだけを除去することをほくろ除去する際、選択肢の第1に考えた方がいいでしょう。重ね重ねですが、それだけで、見た目の印象はプラスの方向へ大きく変わります。また、そうした、印象の変化が、その人、本人の自信になり、対人関係に良い影響を与えることもあります。

といった変化は、ほくろ除去によって、その人が本来持つ、ポジティブな面が自然な形で発揮されるようになった結果と考えられます。

ほくろ除去「外科的な手術」

それでは、ほくろ除去についての具体的な方法について説明します。方法は大きく分けて2つになります。1つは「外科的な手術」、もうひとつは「ほくろの組織だけを取り去る」方法です。これは、あくまで、「大きく分けて」の分類で、この2つの方法も、さらに、細かく、幾つかにカテゴリー分けが可能です。

「外科的な手術」は5ミリ以上の大きなほくろの除去で行われます。この大きさになると、ほくろの組織が真皮にまで達しています。より深い箇所での取り残しを防ぐ為にも、この方法が良いとされていて、再発のリスクも大幅に軽減します。大きな、ほくろについては多くのクリニックで、この「外科的な手術」が選択されています。

ほくろ除去の為の「外科的な手術」には以下のような方法があります。


botan

切除縫合法

切除縫合法は、色素周辺を切開し、ほくろ組織を根元から取り除き、縫合する除去方法です。深い、大きいといった、ほくろに有効です。

長所としては組織を完全に取り去りますから、再発の可能性が低く、切除したほくろは細胞検査にかけることができますから、良性か悪性かの正確な判断が可能になります。

短所としては一直線状の細い傷跡が残ることです。傷跡は、だいたい、ほくろの直径の2〜3倍になると考えてください。1年ほどで目立たなくなり、顔のシワと同化してしまう程度になります。シワと同化させて傷跡の目立ちを最小限に抑えるという意味で、「額・目じり・鼻唇の溝」にある、ほくろ除去に適している施術法といえます。


botan

くりぬき法

顔のほくろ除去には、多く「くりぬき法」が用いられています。専用の器具を使って、ほくろの周囲に沿うように深い組織ごと取り除き、縫合します。

長所は「切除縫合法」と同じく、組織を深く、完全に取り除けますから、再発の可能性が低くなります。また、傷跡は一直線状になりませんから、それほど、目立たず、にきび跡や毛穴のように見えます。

短所は、大きいほくろでは傷も深くなり、治るまでに時間が掛ります。傷跡が重症化していまったケースも幾つか報告されているようです。あまり、大きなほくろには向いていない施術法といえます。

ほくろ除去「組織だけを取り去る」

ほくろ除去における「外科的な手術」以外の方法に外科手術を行わず、レーザーや電気メスなどを使って、一瞬のうちにほくろを蒸散させる「組織だけを取り去る」方法があります。

切除縫合法が大きなほくろに適しているのに対し、この方法は小さなほくろを出血などを最小限にして取り去るのに適しています。

深いほくろでは「くりぬき法」と変わらない傷跡になりますが、浅いほくろであれば、傷跡も目立ちません。欠点は対象となるほくろが蒸散してしまうため、病理検査ができない点です。治療の前に、しっかりと良性のほくろであることを確認しておく必要があります。


botan

炭酸ガスレーザー除去治療

炭酸ガス(CO2)レーザー装置レーザーメスと呼ばれる炭酸ガスレーザーをほくろに照射して、ほくろを形成する母斑細胞を蒸散させる方法です。手術用顕微鏡を見ながら行うので正常な皮膚がヤケドすることもありません。5ミリ位までの盛り上がっていないほくろに適しています。

「くりぬき法」に比べ、出血も少なく、縫合や抜糸も必要ないため、傷跡の治療も軽くて済みます。1週間ほどで「かさぶた」がとれ、一ヶ月後には傷跡は盛り上がり、シミのような跡になります。最終的にはシミも治まり、ニキビ跡のような少し凹んだ跡になります。

欠点は1度のレーザー照射では全ての母斑細胞が取り切れず、再発することがあることです。この場合、レーザーの再照射が必要です。再発の場合、クリニックによっては無料で再照射してくれるところもあります。


botan

Qスイッチレーザー除去治療

新しいタイプのレーザーです。メラニン色素にだけ反応するヤグレーザーや、青・黒・茶の色素のみを確実に壊すルビーレーザーなどの種類があります。照射時間が10億分の1秒と短く済み、皮膚へのダメージの心配がなく安全に治療が行えます。また、炭酸ガスレーザーが水分のある組織なら正常な皮膚でも傷つけてしまうのに対し、Qスイッチレーザーは色素にだけ反応するため、ほくろ周囲の皮膚を傷つけることがありません。

欠点としては、単独で使用する場合、色素にだけ反応するものなので、平らなシミのような、浅いほくろにのみ有効で、盛り上がりの見られるようなほくろには有効とはいえません。また、1度でほくろを取りきれることは少なく、数回に亘る照射が必要なことが多いようです。炭酸ガスレーザーと併せて使う事で、より綺麗なほくろ除去が可能になります。


botan

電気分解法

特殊な高周波を利用した電気メス(サージトロン)でほくろの組織を除去します。5ミリくらいまでのものが対象となり、レーザーで対応できない、やや深いほくろに使用することもあります。一回で組織を取りきれる可能性が高く、浅く削るように使用すれば、傷跡も軽くて済みます。

欠点はほくろの周囲の正常な皮膚がヤケドを負うケースのあることでしょうか。電気メスの使用について、経験の豊富な皮膚科、腕のいい医師のいる皮膚科で治療してもらうことが大切です。

ほくろ除去は慎重な判断で

これまで、説明してきたほくろ除去の方法は、いずれの場合も、傷跡が多少残ります。ほくろに変わって傷が置き換わる形ですが、その傷が大きく目立ってしまっては何もなりません。傷跡をどれくらい目立たず、小さいものに出来るかは、ご自身が選択した皮膚科の技術・経験・知識にかかってくるでしょう。

ほくろの数が多く、コンプレックスに思っている人は「全てのほくろをとってすっきりした印象の顔になりたい」と思ってしまいがちですが、顔のほくろは1つか2つ減るだけでも見た目の印象が、かなりすっきりすることがあります。「何が何でも全て取る」だけでなく、「目立ついくつかを取る」といった選択肢も、自分の中に持っておけば、「傷跡」のリスクは最小限に抑えられるのです。

どのような方法で、いくつのほくろを除去するのが、その人にとって一番ベストなのかを丁寧に説明してくれる皮膚科を選ぶようにしましょう。

くれぐれも「料金が安いから」「自宅の近所だから」「ネットでいいと書いてあったから」といった安易な基準で皮膚科を選択しないように気をつけてください。「ほくろを取った後よりも、取る前の方が、顔の印象が自然で、キレイだった」といわれるような結果になってしまっては取り返しが付きません。そのことをしっかりと肝に命じておきましょう。


Copyright(C) 2006 ほくろ除去ナビ. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。
[LINK]大人ニキビ [PR]歯列矯正  [LINK]ニキビ  [PR]薄毛育毛  [PR]  レーシック  [LINK]アトピー

[LINK]薄毛  [PR]アトピー性皮膚炎  [PR]育毛剤  [LINK]ニキビ  [PR]毛穴の黒ずみ  [PR]薄毛育毛